2018年7月30日

0

    台風一過

     

     台風一過の爽やかな青空・・ではなく、蒸し暑い青空が広がった。外を歩くと、台風の時に立てていた戸板をはずして干しているのをあちこちで見かけた。

     配達に出たときに、パラパラっと細かい水滴が顔に当たるので、最初は蝉のオシッコかと思ったが、どこまで歩いても細かい水滴が当たるので、よく見ると雨粒。晴れているのにどこから降ってくるのだろう?・・と、こういうのを祝島では「日和雨(ひよりあめ)」と呼んでいるが、よそでは「狐の嫁入り」と呼ぶらしい。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する