2018年6月5日

0

    修学旅行

     

     同級生のユウサーがこないだから親戚のビワの手伝いで島に帰ってきているので、今日も夜に集まった。この歳になると、昔の思い出話ばかり話題になる・・(~_~;)。今日は、ユウサーの家から中学校の時の修学旅行のしおりが出てきたとのことで、それを見せてもらった。九州の大分、熊本、長崎を巡る旅。徳山からフェリーで大分県の竹田津に渡り、宇佐八幡宮に行ったようだが、僕の記憶では、この時に神舞つながりで伊美別宮社にも立ち寄った気がしたのだが、ユウサーもヒロシも行った記憶がないらしい。もしかしたら、僕が大人になってバイクで旅した時に立ち寄った時と勘違いしているのかも知れないが、僕の記憶ではみんなが一緒だったような気がしている。もう記憶が定かでないのだが、同級生でそれを覚えている人がいたらぜひ教えて欲しい。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する