2018年4月11日

0

    新聞記事

     

     この夏に閣議決定される予定の、国の新しいエネルギー基本計画に原発の新増設は明記されない方針になり、上関原発の工事は少なくとも今後3年間は再開することはできない見込みのようだ。・・が、国や電力会社は何をやってくるかわからないので、油断はできない。今回は、森友・加計学園の問題で支持率ガタ落ちの安倍政権が、これ以上支持率を落とさないように、原発の新増設の明記を避けたとも考えられ、国や自民党は「いずれ国民の関心が薄れたら・・・」と考えているに違いない。国民が、原発問題に関心を持ち続け、原発に反対し続けることが大事だと思う。それにしても、安倍首相はいつまで首相の座にしがみつく気だろう・・。この人がトップにいると日本はどんどん変な方向に向かっていくような気がする。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する