2017年4月11日

0

    新しい「いわい」 今の「いわい」に乗るのは、今日とあさっての帰りの2回だけかなぁ・・と思いながら港に出ると、「いわい」ではなく「金毘羅丸」が・・(~_~;)。あれ〜「いわい」はどうしたのかなぁ?と思って聞いてみると、「いわい」の船員さんたちは、新しい「いわい」を受け取りに行っているため、今日は旧「いわい」は、室津でお休み中。臨時で「金毘羅丸」が運航しているとのことでした。

     で、一度田布施に行って、2時過ぎに上関に戻ってみると、ちょうど新しい「いわい」が試験運転中で、上関の桟橋に停まっているところでした。真っ白い船体が綺麗で、なかなかカッコよかったですよ。あと1週間したら、この船が運航を開始します、楽しみですね〜。(^O^)
     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する