2017年3月9日

0

    恋妻家宮本 今日、55歳の誕生日を迎えました。記念にMOVIX周南に映画を観に行きました。何を観ようかと探したときに、ちょうど上映中だったのが『恋妻家宮本』。吉田拓郎の「今日までそして明日から」が挿入歌で使われているのです。MOVIX周南では夫婦50割引きがあり、二人合わせて2200円で観ることができます。チケットを買って中に入ると、なんと貸切り(^_^;)・・と思ったら、上映直前にオジサンが1人入ってきました(~_~;)。あのオジサンも拓郎ファンかな?

     で、肝心の映画ですが、これが最高に面白かったです。笑いあり、涙あり、そして最後はとてもハッピーな気持ちになる映画でした。誕生日にこの映画を観てよかったと思いました。オマケに、僕の親父と同じ「優一」さんの名前まで出てきて大笑い、こりゃ観る運命だった映画かなぁ・・、と思います。拓郎ファンと50代前後のご夫婦はぜひ観てください。ちなみにMOVIX周南での上映は明日が最終日のようです。
     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する