2020年9月21日

0

    昼便で出発

     

     昼便で島を出ました。島にいると曜日もあまり関係なく、4連休といっても普段とあまり変わらなかったのですが、室津まで出ると、道の駅は観光に来たらしい人たちで混雑していました。やっぱり世間は4連休なんですね。

     毎年、敬老の日に催される敬老会も、今年はコロナの影響で中止になり、せえがなあ事です。そういえば、中学生の頃は、敬老の日が近づくと、中学生が竹で「孫の手」を作って、それがお年寄りに配られていましたね。僕は不器用だったので、僕の作った孫の手が配られた人は「なんじゃこりゃ」と思ったかも・・・。孫の手を使ったら「すいばり」が立った、なんてことがなければいいのですが、もう45年も前の話なので、時効かな(^-^;。


    2020年9月20日

    0

      ミニにゃんジュニア

       

       秋の彼岸に入ったので、今日は午後からお寺に参ったり、お墓に参ったりして、ついでに三浦の草刈りをして帰ってきました。

       最近、うちの近くをうろついているネコ。ミニにゃんによく似ているので、たぶんミニにゃんの子どもだろうと思い、ジュニアと呼ぶことにしました。夕方ここにいると、アジ釣りから戻ってきたおばちゃんが、釣れたアジをくれるらしいです。


      2020年9月19日

      0

        夕暮れ

         

         夕方、用事があってちょっと出かけたが、昨日イノシシと遭遇したばかりなので、どこを歩いていても、練塀の向こうからイノシシが出てきそうな気がしてならない。詳しい人に聞いてみたら、集落の中にはイノシシを捕獲する罠をしかけることは禁止されていて、ましてや鉄砲で撃つことはもっての外とのこと。だとしたら、どうしたらいいのだろう?・・と思ってネットで調べてみたら、(1)エサをなくす、(2)潜み場所をなくす、(3)「人は怖いもの」と学習させるために見つけたら必ず追い払う。という3つがポイントのようだ。みんな棒を持って歩こう!

         


        2020年9月18日

        0

          かめじょーさあ

           

           夕方、善徳寺の裏の道からヒラギの方に曲がったら、イノシシとばったり遭ってビックリ! イノシシもたまげたようで、すぐに善徳寺の裏に逃げ込んだので写真は撮れなかったが、こんなところをウロウロするとは、困ったものだ。

           そのあと、西方に配達に行った帰り道、港の中に小魚をくわえた「かめじょーさあ」(海鵜)を発見。小さく写ってるのがわかるかな?(^-^;


          2020年9月17日

          0

            大根の芽

             

             雨が降って土が柔らかくなったので、畑を耕しに行くと、4日前に種を蒔いた大根が、もう芽を出していました。このまま順調に育ってくれたら、この冬にはかんぴょう(寒干し大根)作りをがんばろうとヨメさんと話しています。


            2020年9月16日

            0

              草刈り

               

               三浦の草刈り3日目。今にも雨が降りそうな曇り空で、涼しかったので、作業はやりやすかったが、小雨が降り出したため1時間ちょっとの作業時間。連日の草刈りで、腕にはフカヤが出た(-_-;)。夏の間さぼっていたツケか・・。今日はイバラとの格闘で、10mくらいしか進まなかったが、ようやく畑への登り口までたどり着いた。


              2020年9月15日

              0

                海

                 

                 三浦の畑仕事2日目。畑仕事といっても、まだ途中の道の草刈りで畑までたどり着けない(^-^;。朝晩はだいぶ涼しくなったが、昼間の日向はまだまだ暑い。ちょっとやっては、お茶を飲んで、またちょっと草を刈って・・という感じだけど、畑までの道が少しずつきれいになってきた。明日には畑までたどり着けるかなぁ・・。

                 三浦までの行き帰り、バイクから海を眺めながらの約10分間のツーリングは、とても気持ちいい。今日の海は穏やかで、本土の上に浮かぶ雲が海面に白く映っていた。


                2020年9月14日

                0

                  小祝島

                   

                   今日から三浦の畑に行き始めました。空気も空も秋らしく爽やかな感じになり、小祝島の上にも秋らしい巻雲が浮かんでいました。小祝島の向こうには、姫島や国東半島もくっきりと見えていました。 畑の方は、当面は草刈りが仕事です。夏の間、ほうかっていたので、大変な状態。まずは畑まで行けるように、通り道の草を刈らないと・・。


                  2020年9月13日

                  0

                    秋の農作業

                     

                     今日は少し秋らしい爽やかな天気になりました。一昨日、雨も降って畑の土も柔らかくなったので、島のおじちゃん・おばちゃんたちは畑作業に忙しそうです。台風で枯れた草をきれいに取って、ジャガイモを植えたり大根の種を蒔いたりしています。うちも午後から畑に行って草取りのあと、少し耕して大根と赤大根を植えておきました。

                     大相撲秋場所が今日から始まり、夕方のテレビ中継が楽しみになりました。今場所は両横綱が休場ですが、若手が実力をつけてきているので、誰が優勝してもおかしくない混戦で面白そうです。


                    2020年9月12日

                    0

                      中郷

                       

                       なにげない毎日が風のように過ぎてゆく・・。これは中村雅俊の『いつか街で会ったなら』の歌詞だが、最近、本当に毎日が風のように過ぎて行っている。いつの間にか9月も半ば。今年も残すところ3か月半だ。民宿のお客さんがいれば、お客さんによって色々と変化があるのだが、コロナの影響でお客さんがいないので、毎日がいつの間にやら終わっている感じ。それでも、朝晩はだいぶ涼しくなり、季節は夏から秋へと移りつつあるようだ。



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する