2016年8月25日

0

    工場見学 今日はかねてから予定していた広島行き。以前にアースデイでずいぶんお世話になった「府中のエジソン」Mさんに会いに行きました。が、その前に、せっかく広島方面に行くのならと、もうひとつ予定を入れて、ヨーグルトで有名な「チチヤス」の工場を見学に行きました。工場内は撮影禁止なので、駐車場にいるウシさんの写真を掲載しておきます。(3年前までは実際にウシがいたそうですが、今は実物大の模型です。)

    「チチヤス」の会社の歴史も、聞いてみると、とても興味深いものがあります。工場見学の最後には、試食タイムもあり、なんとチチヤス製品が全製品試食できるのです。さすがに全部は食べきれませんが・・。試食の中で、僕が一番気に入ったのは「こくRICH 瀬戸内塩レモン ヨーグルト」。これは絶品です!期間限定で製造販売している商品だそうです。広島県内でしか買えないかもしれませんが、ぜひ食べてみてください。なお、工場見学は予約が必要ですので、チチヤスのサイトから応募してください。


     


    2016年8月24日

    0

      神舞Tシャツ 今日は朝から柳井で仕事でした。仕事先でも、祝島の神舞をテレビで見たという話をあちこちで聞きました。神舞期間中は、夕方のローカルニュースで、たくさん放送されていたのだと思います。僕たちは忙しくて全然見ることができませんでしたが・・・。(そういえば、リオ・オリンピックの開会式も見てないなぁ・・)

       さて、神舞の時に、櫂伝馬の漕ぎ手をはじめ、みんなが着ていた「神舞Tシャツ」を通販コーナーでも販売を始めました。生地の色は白・グレー・黒の3色です。在庫限りとなりますので、ご希望の方はお早めにご注文ください。


      2016年8月23日

      0

        熊毛浦の夕陽 明日の柳井での仕事のため、3週間ぶりに島を出ました。昼便で出る直前に、昨日から親父のショートステイをお願いしている施設から連絡があり、風邪気味とのことなので、午後からは病院に連れて行って検査してもらいました。結局、症状も軽かったので、そのまま施設に戻ったのですが、おかげで午後の時間はそれでつぶれてしまい、熊毛浦の夕日を見ながら嫁さんの実家のある田布施まで行きました。
         


        2016年8月22日

        0

          いつもの風景 普段の静けさが戻った祝島。日中はまだまだ暑くて、残っている片付けを少しやっては休み、また少しやっては休んでいます。さすがに神舞の前の準備からずっと忙しい日が続いていたので、疲労がたまっていて、体の動きも鈍くなっています。

           気がつけば8月もあと10日。厳しい残暑が続いていますが、日暮れは少し早くなったような気がします。もう少ししたら秋の気配もしてくるのでしょうか・・。
           


          2016年8月21日

          0

            小屋解き 神舞から一夜明け、今日は早朝から小屋解き作業が行われました。何日もかけて建てた仮神殿ですが、解くのはあっという間。午前11時頃には跡形もなく、会場は元の更地に戻りました。そして、櫂伝馬船も海から引き上げられ、倉庫に収められました。

             作業は午前中で終わり、午後からは、昨日までの賑わいが嘘のように、静かな祝島に戻りました。
             


            2016年8月20日

            0

              子太夫さあの舞 神舞もいよいよ今日が最終日になりました。あっという間ですね。今日は伊美からもフェリー「姫島丸」に乗ってたくさんの方が、祝島の神舞を見にこられました。地元の伊美から見に来られた方々のために、子太夫さんの舞いと、祈願神楽が舞われました。いつも子太夫さんは可愛くて、島の人たちにも人気がありますが、地元から応援に来た皆さんからも熱いまなざしを受けながらの舞、声もとても大きくて立派な舞でした。祈願神楽の鬼たちも大ハッスルして会場は大いに盛り上がりました。

               この舞が終わると、出船神事に移りました。神舞が終わり、伊美の人たちとのお別れの寂しさと、今回の神舞を無事にやり遂げることができた安堵観や満足感など、さまざまな感情が入り交じり、入船の華やかさとは一味違う、出船の雰囲気になります。櫂伝馬船や神様船などをロープでつなぎ、海上を大きく3周したあと、ロープをほどいて、櫂伝馬船から神様船を見送りました。櫂伝馬船の漕ぎ手も最後の力を振り絞って、伊美の人たちに届くように大きな声を出して漕ぎます。その近くを神様船が通過し、伊美の宮司さんや里楽師さんが大きく手を振る姿を間近に見ながらのお別れには、伊美の人たちと祝島の人たちがお互いに感謝する神舞というお祭りの神髄が、この瞬間に凝縮されたような感動を覚え、このお祭りが千年も続いている理由が分かるような気がしました。
               


              2016年8月19日

              0

                お宮参り 神舞4日目。午前中はお宮参りがありました。宮戸八幡宮の境内の奥の方に「大歳社」の祠があり、その前で一連の儀式が行われ、神楽が奉納されました。次回の神舞の開催年を決める米占いも行われ、次回の開催年は4年後に決まりました。

                 午後からは仮神殿での神楽。若手の里楽師さんが舞う『神相撲』は、見る方も力が入って、一つ一つの技?が繰り出される度に会場から拍手が起こりました。今回『神主・荒神』を回れたのは最長老の里楽師さんお二人。87歳と80歳でした。この神楽は祈願神楽で舞われる「鬼と太夫さあ」の原型になっている激しい舞です。長年、祝島の神舞に何度も来られて、若手の指導にも当たられてきたお二人の熟練の神楽でした。この神楽を舞うのは、今回が最後とのことで、舞の後で挨拶があり、会場からは大きな拍手が送られました。ご苦労様でした。

                 明日はいよいよ出船ということで、夜は公民館で直会(なおらい)が開催されました。伊美の宮司さんや里楽師の皆さん、神舞奉賛会の役員や各区の組長さんなどが集まり、酒を酌み交わしてお互いの苦労をねぎらう宴会です。最後には祝島の盆踊りまでみんなで踊って大いに盛り上がりました。
                 


                2016年8月18日

                0

                  戸取明神 今日は神舞の中日。岩戸神楽の中でも一番の見どころ『戸取明神』が舞われました。『戸取明神』は、わざわざ島内放送で神楽が行われる時間のお知らせがかかるほど重要な神楽なので、島の人たちもたくさん見に来られます。天岩戸を戸取明神が開く神楽ですが、これがなかなか開かず、何度も何度もチャレンジしてやっと開くと観客のみなさんから大きな拍手が起こります。里楽師さんたちの中でも、この神楽を舞うことは、とても栄誉なことなのだそうです。
                   


                  2016年8月17日

                  0

                    鬼と太夫さあ 神舞2日目。今日から神楽が始まりました。お楽しみの祈願神楽(鬼と太夫さあ)も、初回からとても盛り上がっていました。今年は鬼を若手がやっているらしく、とても元気な鬼さんたちです。

                     今回は子太夫さあが3人来ています。伊美の方では、こうして次世代に着実につないでくれていますので、祝島も次回につなげていけるよう、がんばっていかなければと思います。祝島の出身者のみなさん、60歳の定年を迎えても、祝島ではまだまだ若者です。ぜひ帰ってきて、神舞を伝承していきましょう。
                     


                    2016年8月16日

                    0

                      三浦湾の櫂伝馬 いよいよ神舞が始まりました。今日は初日の入船神事。早朝に久しぶりに雨が降ってバタバタしましたが、櫂伝馬が出発する頃にはすっかり雨も上がり、日が射してきました。終わってみると、額にくっきりと鉢巻の日焼け跡が・・(~_~;)。

                       写真は午前11時前、三浦湾で伊美からの神様船の到着を待つ櫂伝馬船です。僕は櫂伝馬を漕いでいるので、こういう休憩しているときの写真しか撮れないのが、ちょっと残念ですが、やっぱり櫂伝馬を漕ぐ方が、「せえがえい」です。今回は同級生3人が並んで漕ぐことができたので、いい思い出になりました。

                       入船神事を無事に終え、夕方には民宿に伊美の里楽師さんたちをお迎えしました。4年ぶりの再会。前回の神舞の子太夫さんはすっかり大きくなって高校生になっていました。そして、今回は新しい子太夫さんが来られています。明日からは神楽を楽しみたいと思います。

                       夜は、神舞小屋で祝島出身の歌手・瀬戸こうじさんの歌謡ショーが開催され、たくさんの人が集まって、瀬戸さんの歌声を堪能しました。僕は音響を担当させてもらったので、ちょっと緊張しながらの1時間半のステージでした。最後は『祝島讃歌』の大合唱、よかったですねぇ。

                       
                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << August 2016 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (2016年5月発行の最新刊です)

                      『島旅ひとりっぷ』 (「民宿くにひろ」も登場しています)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』