2018年1月22日

0

    室津に停泊した「いわい」

     

     明日から仕事や用事で本土に行く予定でしたが、どうやら明日は大シケで船が欠航しそうなので、とりあえず今日の夕方の便で島を出ました。2週間前と同じパターンです。明日、明後日と「最強の寒波」がやってくるそうです。寒さや大雪にご注意を! 写真は、夕方室津の港に到着した「いわい」。


    2018年1月21日

    0

      県知事選

       

       山口県知事選の真っ最中です。前回の投票率はわずか38.82%だったそうです。ということは、前回の県知事選の場合は、全有権者の20%つまり有権者5人に1人の票を獲得すれば当選できたということになります。私たち有権者には、自分たちや子や孫たちが暮らす山口県の将来を考えて、それにふさわしい人を選ぶ義務があります。ぜひ投票に行きましょう。投票日は2月4日、祝島は繰り上げで2月3日です。


      2018年1月20日

      0

        かんぴょう

         

         今年はじめてのかんぴょう干し。今年は大根の育ちがイマイチなので、うちの畑の大根ではかんぴょうを作るほど採れそうにないのですが、今日はOさんに5本くらい大根をもらったので、それをかんぴょうにしました。切ったのはヨメさんですが、並べたのは僕です。なかなか芸術的じゃろ!


        2018年1月19日

        0

          大相撲

           

           店を始めてから、朝ごはんが10時過ぎ、昼ごはんが2時頃になることが多くなった。今は大相撲初場所の開催期間中で、午後2時頃はちょうどBSで大相撲中継をやっている時間帯。こないだ、同級生が国技館に相撲を観に行くというので、テレビに映っていないか見てやろうと、BSで大相撲中継を観ていたら、今まで相撲をあまり知らなかったヨメさんが、はまってしまって、それから毎日この時間に相撲を観るようになった。おかげで、幕下や十両の相撲取りに、やたら詳しくなってしまった・・(~_~;)。


          2018年1月18日

          0

            レコードプレーヤ

             

             先日、柳井のミスターマックスで買ってきたレコードプレーヤをようやく箱から出してセッティングしました。・・といっても、めんどくさい配線は一切なし!電源コードをコンセントに差すだけでOK。記念すべき1曲目にかけたのは、吉田拓郎作曲、トランザムの『あゝ青春』。この曲は、高3の夏休みに鈍行列車を乗り継いで行った、拓郎の篠島オールナイトコンサートの1曲目の歌なのです。懐かしいですねぇ〜。本当は拓郎のレコードをかけたいところですが、残念ながら高校時代には、僕はラジカセしか持っていなかったので、当時買った拓郎のアルバムは全部カセットテープなのです・・(~_~;)。あゝそんな青春時代がよみがえります(^_^)。

             プレーヤは、くにひろストアーに置いてますので、聴きたいレコードがあったら、持って来てください。


            2018年1月17日

            0

              雨上がり

               

               午前中は雨、午後になってようやく雨が上がりました。近所のおばちゃんのところに配達に行った帰り、善徳寺さんの横の道にクロちゃんが・・。以前はうちにも良く遊びに来ていましたが、兄弟げんかでもしたのか、昨年末から海岸近くでウロウロしていました。こないだたまたま海岸の方に行ったら大けがをしていたので心配していましたが、今はこのあたりに住み着いているのでしょうか。ネコ社会もいろいろあるようで、大変なのかも知れません。


              2018年1月16日

              0

                金毘羅丸

                 一昨日から今日までは定期船「いわい」に替わって「金毘羅丸」が運航しました。理由は、「いわい」の船員が不足しているためです。「いわい」の運航には乗員が3名必要ですが、現在は船員が3名しかおらず、休みが取れない状況なのです。それで、船員の休みを確保するために、「金毘羅丸」を雇って、その間に「いわい」の船員さんを休ませているのだそうです。上関航運では、昨年から船員(機関士)を募集していますが、なかなか応募がないようで、このままだと、月に何回かは「金毘羅丸」を雇うというやり方をしばらく続けることになりそうです。もし、船乗りさんを知っている人は、ぜひ祝島航路の定期船「いわい」に乗ってもらえないか、声をかけてみてください。よろしくお願いします。
                 


                2018年1月15日

                0

                  BS

                   今日の宿泊客はBS日テレの番組『夢釣行』のスタッフの皆さんでした。釣り番組と旅番組をセットにしたような番組らしいです。(私はまだ見たことがないのです・・。)写真は民宿の食事のシーンを撮影しているところです。ドローンを飛ばして島を上空から撮影もしたようです。私たちも少しだけ登場するかも・・(^_^;)

                   今回のロケは、2月3日(土)の夕方5時から放送される予定とか。ぜひご覧ください。


                  2018年1月14日

                  0

                    四国が見えます

                     近所のおばちゃんが風邪で動けないので、代わりに山に伊予柑を取りに行ってきました。曇り空でしたが、意外と遠くまで見通せて、四国の佐田岬もくっきりと見えました。

                     宇和島(ウヤシマ:写真の左の島)の向こうには、現在、運転停止中の伊方原発も見えました。稼働はしていなくても、使用済み核燃料が保管プールにどっさりたまっているので、万一、地震等でこのプールの水が抜けてしまうようなことがあれば、大変な原発事故になってしまいます。こんな危険なものが地震国日本のあちこちに存在しているのです。たかが電気のために・・。(いや、電力会社やゼネコンの儲けのために・・。)


                    2018年1月13日

                    0

                      雑誌「島へ。」

                       『島へ。』という雑誌(2018年2月号)が出版社から送られてきました。この雑誌の78ページ「本の紹介」コーナーで、『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol1〜4』が紹介されています。本屋さんで探してみてください。



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する